銀行カードローンの一覧

Pocket

銀行カードローンとは

お金を借りるとき、銀行カードローンと消費者金融のカードローンではそもそもの規制している法律が違っています。
 

そのためどちらもお金を借りることができる商品ですが、それぞれ良い点と悪い点が存在しています。
 

その違いとは一体どのような点にあるのでしょうか。
比較しながら説明したいと思います。

 

消費者金融のカードローンの特徴

まず、消費者金融のカードローンですが、こちらは貸金業法によって規制されている商品です。貸金業法には総量規制というものがあり、年収の3分の1以上の貸出が禁止されています。そのため多くの消費者金融は50万円以上の限度額か、他社の借入と希望限度額の合計が100万円を超えるような場合は、収入を証明する書類の提出をお願いしてきます。
 

収入証明の提出ができないと、大口の借入をすることができません。
 

上限金利は法律で100万円以上の場合は15%以下と定められているので、大口の借入ができないと自然と金利が高いままで契約することになってしまいます。
 

ただし比較的融資に積極的な企業が多いため、小口契約であれば審査が通りやすいです。
 

銀行のカードローンの特徴

一方銀行カードローンは銀行法によって運営されています。
 
そのため銀行カードローンは消費者金融カードローンと違って借入額に上限が設けられていません。
 
収入証明の提出も各行の判断に委ねられています。
 
年収が低くても大きい金額の与信枠を与えられることがあるため、低い金利で契約しやすいという特徴があります。

また、元々銀行カードローンは消費者金融と比べても最初の金利自体が低く設定されています。

ただし審査が消費者金融よりも厳しくなる傾向があります。

銀行カードローンの一覧

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンは三井住友銀行のカードローンです。三井住友銀行の口座がなくても契約出来ます。

 
実質年率 4.0~14.5%
限度額 10~800万円
返済プラン 残高スライド方式
年齢制限 20~69歳
連帯保証人 原則不要
担保 不要
ネットで完結 可能

※三井住友銀行の普通預金口座・キャッシュカードをお持ちなら、契約までの手続きがWEBで完結が可能。

りそな銀行カードローン

りそな銀行カードローン
りそな銀行カードローンはりそな銀行のカードローンです。りそな銀行では2種類のカードローンがあり、1つ目は「りそなクイックカードローン」、2つ目は「りそなプレミアムカードローン」です。

 
 
実質年率 3.5~12.475%
限度額 800万円
返済プラン 残高スライド方式
最短審査時間 最短2時間
総量規制 対象外
年齢制限 20~65歳
連帯保証人 原則不要
担保 不要
ネットで完結 不可能
みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンはみずほ銀行のカードローンサービスです。みずほ銀行の口座を持っていれば即日融資も可能で、来店せずとも契約出来ますし、資料やカードを郵送したりする事もなく開始できます。

 
 
実質年率 3.0~14.0%
限度額 1,000万円
返済プラン 残高スライド方式
最短審査時間 最短即日
総量規制 対象外
年齢制限 20~65歳
連帯保証人 原則不要
担保 不要
ネットで完結 可能
三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)

三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)は三菱UFJ銀行のカードローンです。インターナットからなら最短30分で審査が完了、テレビ窓口からなら最短40分でその場でカード発行され、すぐに利用できます。

 
 
実質年率 4.6~14.6%
限度額 500万円
返済プラン 残高スライドリボルビング方式
最短審査時間 最短30分
総量規制 対象外
年齢制限 20~64歳
連帯保証人 原則不要
担保 不要
ネットで完結 可能
新生銀行レイク

レイク

新生銀行レイクとは、新生銀行が提供するカードローンのサービスです。かつては代表的な大手消費者金融業者として有名でしたが新生銀行に買収され、2011年からは新生銀行のカードローンとして再出発しています。

 
 
実質年率 4.5~18.0%
限度額 500万円
返済プラン 残高スライドリボルビング方式
元利定額リボルビング方式
最短審査時間 最短50分
総量規制 対象外
年齢制限 20~69歳
連帯保証人 原則不要
担保 不要
ネットで完結 不可能

銀行のカードローンならではのサービスも

銀行のカードローンには、あらかじめ口座を作って置くと本人確認用の書類の提出が必要なくなったり、即日融資が受けられるようになるサービス等もあります。
その為、自分が口座を作ってある銀行から借りるのを検討するのも良いかも知れません。

コメントは受け付けていません。